関心空間はエンターテイメントのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

原音に忠実

ハイ・フィデリティ

  • ハイ・フィデリティの画像

中年音楽オタク独白恋愛コメント映画。

しょっぱなから、ジョン・キューザックがスクリーンに向かってコメントぶちかまし、隣に座っていた外人とともに、ガーデンシネマで爆笑したのであった。

小説も最高にいい。イギリスで大ヒット。サントラもグッド。

私のトップファイブ映画のうちの一つ。


特徴:なんでもトップファイブ化する。
   主人公が観客に愚痴をこぼす(というか、五割
   くらいがそう)。
   ジャックブラックの毒舌&ダンス最高。
   ヤったかヤってないかが重要(人生そんなも
   ん)。

ハイ・フィデリティ

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

('w')画像 投稿者:
('w')
詳細情報
  • 価格: 3420 円
  • 発売元: ブエナビスタジャパン
  • 2001/11/16登録
  • 3208クリック

このキーワードを共有する

コメント (2)

2001/12/03

ちひろ 原作もいいです。原作がよかったものを映画で観ると落胆すること多いけど、これは映画もよかった

ohsamu こんな大人になってしまった気がしてきた。レコード屋にあった,クリムゾンの"Discipline"とYesの"The Yes Album"に激しく反応したワタシ。

つながりキーワード (6)

日本でもすっかりお馴染みになった小太りコメディアン(コメディ俳優?)、ジャック・ブラックと、日本ではまだそんなに有名ではない小太りコメディアン、カイル・ガスのバンド、テネ...

映画・ビデオジャックブラック

  • (ハマちょん ゲップ)

さかさに読むとブラックジャック 自称『JB』 代表作『いとしのローズマリ-』『ハイフィデリティ』『スクール オブ ロック』今一番エアギターをやらせたら右に出るものはいない...

チャンピオンシップという中古レコード店で働くさえない30男ロブ。音楽おたくで恋愛はダメダメ人間。これまでに失恋した女の子上位5人に「なぜロブを振ったのか」を確認するために...

最近映画化もされた、ニック ホーンビィの作品。映画ではシカゴが舞台になっているが、原作はロンドンが舞台であり、こちらの方がしっくりとくるでしょう。人を判断するのに、「人が...

7と1/2の階にある会社に勤めた人形師の主人公。偶然会社の壁に俳優のジョンマルコビッチになれる穴を発見する....。 知的でユーモアに満ちたこの作品はファットボーイスリムのPVなどを手がけた...

『花様年華』(in the mood for love)はウォン・カーウァイの昨年カンヌ映画祭に出品された作品。で、そのサントラ。 鈴木清順監督の『夢二』のテーマが全編...

携帯でこのページにアクセス

ハイ・フィデリティ

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-8938

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ