関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ヒサオ ジュウラン

久生十蘭

小説家。
彼を読まずして文体を語るなかれ,と思う。
短編がすばらしい。

久生十蘭

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
魚返
詳細情報
  • 人名: 久生十蘭
  • 2001/11/17登録
  • 1895クリック

このキーワードを共有する

コメント (2)

2002/02/22

panhead ふと思ったんですが、江戸川乱歩なんかも長編は駄作ばっかりですね。途中で収拾つかなくなるんでしょうか。

2005/06/30

楽壷(らっこ) こちらにお立ち寄りください。http://blog.livedoor.jp/hisaojuran/

つながりキーワード (3)

人名・団体名久生十蘭

  • (panhead)

昭和初期の作家。劇作家らしいが、劇のほうは知らない。 文章家として一番好き。

ブック昆虫図

  • (panhead)

久生十蘭の名作短編を多く集めた文庫。  収録作品:生霊、南部の鼻曲り、ハムレット、予言、復活祭、春雪、野萩、西林図、姦、母子像、春の山、虹の橋、雪間、昆虫図、水草、骨仏...

久生十蘭の作品。江戸時代を舞台にした安楽椅子探偵物語。現場に出向いたり聞き込みをすることがあるので、厳密には安楽椅子とはいいがたい。 推理小説を読むというより、「久生の文章と登場人物を味わ...

携帯でこのページにアクセス

久生十蘭

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-9106

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ