関心空間はノンカテゴリーのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

マンシュウゴ

満州語

昨日ハムで有名な「金華」から帰ってきました。ハムは塩辛くて期待したほどではなかったのですが、足裏マッサージ(あ、これも登録した方がいいのかな?)をしているときに、ちょうど「錫伯族」を紹介しているテレビ番組をみました。

「錫伯族」というのは世界で唯一いまだに満州語を話している少数民俗で、台湾の大学で満州語をとっていたときも、先生が「錫伯族」からもらってきた教材を使っていました。

「満族」(満州族)は清朝末期の「滅満興漢」運動の影響もあって満州人ということをひた隠しにしていた経歴があり、満州語を話せる人はほとんどいないそうで、あの偉大な清朝を興した末裔だということをおもうと、やるせないものを感じます。

満州語

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
turk
  • 2001/12/20更新
  • 2001/11/17登録
  • 3364クリック

このキーワードを共有する

コメント (0)

まだコメントされていません。

つながりキーワード (1)

簡単には、あのヌルハチさんが、清王朝を建国する時に、蒙古文字を元に作らせた文字のこと。 満州文字はとても美しい。 縦にまっすぐ伸びた線がある。 んで、左右に足をつけたり...

携帯でこのページにアクセス

満州語

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-9290

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ