関心空間はミュージックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ニホンジントセイヨウオンガク

小沢征爾 日本人と西洋音楽

  • 小沢征爾 日本人と西洋音楽の画像

音楽には国境があるという、現実を。楽しむのに国境はないけど、それが活動となるとある。日本人の強みはやはり日本人であり日本文化を備えていること、ということ。今も昔も、世界で活躍している日本人はやはり自身、日本文化が備わっているのがよくわかる。 これは日本人に限らないけど、いずこも自国のものを他国人が活動するときは同じ。


書籍紹介から

わが国を代表する指揮者・小澤征爾は、いかにして西洋楽壇の頂点に到達しえたのか。日本人が西洋音楽を奏する意味を真摯に問い直す。
日本人である小沢征爾が、ウィーン国立歌劇場の総監督に迎えられたのは、画期的な出来事だった。それは、オペラの総本山が真の国際化に乗り出したということであり、また日本の異文化受容の到達点を示してもいる。
世界のオザワが奏でるモーツァルトは、伝統的な解釈から解放されているのが魅力なのだ。しかし、このことは「音楽に国境はない」ことを意味しない。日本人は、自らが日本人であることを自覚することからしか、西洋音楽に近づく術はない――そのことを小澤は誰よりもよく知っていた。小澤の音楽は、「からごころ」という言葉を通じて展開される本居宣長の思想と、根底で通じ合っているのである。
モーツァルト、ベートーヴェン、チャイコフスキー、ショスタコーヴィチな
どの演奏解釈を通して、さらに菊池寛、小林秀雄、三島由紀夫などの言葉を通して、小沢征爾が目指す音楽の本質を明らかにする。

目次
プロローグ 音楽には国境がある
第1章 「文化的・平和的掠奪行為」としての西洋音楽
第2章 何人かの「父」
第3章 「透明なブラームス」の是非
第4章 疾走する『荘厳ミサ曲』
第5章 ショスタコーヴィチの「叫び」
第6章 オペラという伏魔殿
第7章 菊池寛とチャイコフスキー
エピローグ 西洋音楽と「からごころ」

書籍ですが、音楽論なのでミュージック分類

小沢征爾 日本人と西洋音楽

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

いにしえ画像 投稿者:
いにしえ
  • 2006/04/08登録
  • 3977クリック

このキーワードを共有する

このキーワードはコレクションに選ばれています(2)

コメント (0)

まだコメントされていません。

つながりキーワード (6)

・・・・・我々のどちらもが、仕事をすることにどこまでも純粋な喜びを感じているらしいということだ。音楽と文学という領域の違いはあれ、ほかのどんなことをするよりも、自分の仕事...

 癒しと純愛のクラシック入門。 クライスラーの弾く「ロマンス」が少女とぼくの気持ちを、終尾楽章の顫音まで秘めやかに空間に展開してくれる。名曲喫茶のなんという恵まれた青春だ...

 世界の2大オーケストラといえばこの2つ、対照的でもある楽団、なにかと対比されてます、生い立ち、構成、運用方針、音色。  日本でも近年は新年恒例のニューイヤーコンサートの...

もう今では物凄く有名な小澤 征爾さんが、単身で貨物船に乗ってあてもないのにヨーロッパに音楽の為にスクーターと共に乗り込んだエッセイ。 お金もコネも何もないところからのス...

 大阪フィルハーモニーの創設者にして指揮者。関西のクラシック音楽界を、独自に広げた功績は大きいと思います。 独特の雰囲気をもった日本でもなかなかの指揮者。屈指の巨匠。 ...

 今の世の中、世界で活躍した日本人の話が少なすぎ、色々な生き方をしてきた人の話・いろんなところで活躍した人が多いのに驚かされるとともに、知らない自分が情けない、学校教育・...

携帯でこのページにアクセス

小沢征爾 日本人と西洋音楽

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-935409

キャンペーン


ロケットニュース24

未来検索 ガジェット通信
ページの先頭へ ページの先頭へ