関心空間はアートのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

クリムト

クリムト

  • クリムトの画像

画家のグスタフ・クリムトの「接吻」という作品が大好きです。作者の経歴も作品の意味も、描かれた状況も何一つ知りませんが、この絵を見ると愛する人に包まれているような、安心感を感じます。

クリムト

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

Liz画像 投稿者:
Liz
  • 2001/11/18登録
  • 4141クリック

このキーワードを共有する

このキーワードはコレクションに選ばれています(1)

コメント (5)

2001/11/18

mic007 男子の愛は何を産むのか...

2002/04/05

春はいいよね ゆめのように過ごす時間と、頭の端に感じている崖っぷち。恋は盲目。だから幸せ。

2002/11/23

クリムトは「金色」がすごく印象的ですよね。ウィーンに旅行したときたくさん見てきました。↑この絵が描かれた缶に入ったコーヒーを買ってきました。

2002/11/25

Liz えー、この絵がパッケージになったコーヒー?それは欲しい・・・。

なかなか素敵ですよ。スーパーで買ったのですが、向こうでは普通、袋をくれないという事をレジに並んでから思い出し、その時には後ろにすでに行列ができていて、袋を買うために行列をぬける気にもならず。結局結構大きな(30×15センチぐらい)この缶をそのまま抱えて街の中を歩きました。ちょっと恥ずかしかった思い出が。

つながりキーワード (8)

ウィーン分離派。アール・ヌーヴォー。西洋の琳派?  なんと呼んでもよいが、とにかくよい。ずっと見ていても全く飽きない。

クリムトの代表作。 彼独特の、丸と四角をパッチワークのようにつなげる表現方法は、ここでも使われている。 この、丸と四角は、それぞれ女性と男性の「性器」を潜在的に表現してい...

美術鴨居 玲

  • (ネム)

1928金沢生まれ、1985年神戸にて没 変な言い方だが、死ぬ間際の人が力いっぱい書きなぐったような、切羽詰った勢いのある絵を描く人。 最初に見たのはNHKの日曜美術館...

フランスの後期印象派の画家。証券会社勤めのサラリーマン生活をやめ、妻子を捨てて南海の小島に制作の場所を移し、そこで没す(1848-1903)。 ゴーギャンはタヒチ以前とタ...

学生の頃 クリムトを先に知り、それに伴ってエゴン・シーレを知った。 クリムトも好きだが エゴン・シーレの絵にはそれ以上に惹かれる。 なんだろう。 タッチの力強さ。 色の...

ドイツ版アール・ヌーボー。直訳すると「ヤング・スタイル」(笑)。当時ミュンヘンで発行されてたイラスト週刊誌『Jugend』に由来するそう。日本の文芸雑誌『白樺』のマークを...

世紀末の退廃モードバリバリのアート。 素敵です! 問題です! 数年前に、伊勢丹でやってた美術展を見に行ったら...濃かった...。 濃いけど繊細なとこが好き。

オーストリアの画家。クリムトの弟子。ロリコン。僕らの心の病。すっげえ綺麗なナルシシズムとエロティシズム。荒木飛呂彦とかきっとこの人好きなんだろうなあ。緊張感のある画風で、「死んでも俺は屈しな...

携帯でこのページにアクセス

クリムト

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-9496

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ