関心空間はミュージックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

キース・ジャレット <スピリッツ>

Keith Jarrett - Spirits

  • Keith Jarrett - Spiritsの画像

おそらくKeith Jarrett の作品の中でも最も重要なものの一つ。
クラシック音楽奏者としての活動の後、失われかけた音楽とのつながりを再び取り戻すきっかけになった、という。
ここでは音楽的な面白さではなく「音楽とは何か?」という根本的な問いかけに対するキースのこたえを聴くことができる。
「そこには救いがあり、流れ出してくるもの、充実しているものがある。それは決して豊かであるとか、音楽的であるとかいうことではない。このことについて私はこういう言い方でしか語れない。」-- Keith Jarrett CDブックレットより

Keith Jarrett - Spirits

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
tomo
詳細情報
  • 発売元: ECM
  • 人名: Keith Jarrett
  • 年(代): 1986
  • 2001/11/18登録
  • 5424クリック

このキーワードを共有する

このキーワードはコレクションに選ばれています(1)

コメント (0)

まだコメントされていません。

つながりキーワード (11)

久しぶりに、Amazonにて購入した、Keith Jarrett「Death And The Flower」を紹介します。 キース・ジャレット(Keith Jarrett...

Richie Beirachが77年にECMより発表したソロ・アルバム。至高の美しさに貫かれたピアノ・ソロ。 Amazonで見る http://www.amazon.c...

断言します。綺麗なピアノの音が聴きたくてこのCDを買った人は、絶対に失望する事はありません。 いったいこのキース・ジャレットという人はどうしてこんなに琴線に触れるフレーズ...

人名・団体名Keith Jarrett

  • (ピコリ)

ジャズ・ピアニスト。アメリカン・カルテット、ヨーロピアン・カルテット、ソロ、クラシック、スタンダーズ・トリオ(トリオ・ジャズ)など多彩な活動を続ける。世界三大唸り声ピアニ...

キース・ジャレットは1972年の夏ごろから、完全即興によるソロ・コンサートという画期的な試みを始めました。 その成果として、1973年のローザンヌとプレーメンでのステージ...

CD・レコードSun Bear Concerts

  • (ヽ(°▽、°)ノ)

20世紀最大の天才ピアニスト(断言)キース=ジャレットの最高傑作(これまた断言)。1976年の京都・大阪・名古屋・東京・札幌でのピアノソロ・インプロヴィゼーションを収めたCD6枚組み。 各...

キースジャレットのピアノソロ。 ドラムもベースも無く、ピアノのみです。 しかしこれもまた~いいのです。 秋なんかにこんなのかけられてしまった時にはまず泣いているでしょう。...

ずばり初期の問題作。キースはここでな~んとも評価しにくい音楽を展開している。 弦楽四重奏を除いた他のすべての楽器(10種類)の演奏、弦楽四重奏のアレンジ、すべての曲の作...

人名・団体名ECM

  • (tomo)

マンフレート・アイヒャーが創設したレーベル。ヨーロッパのジャズというかコンテンポラリー音楽を代表するレーベル。俗に「ECMサウンド」と呼ばれるほど、クリアで潤いのある独特...

単にピアニストという範疇におさまらない活動を続けている。クラシック、ジャズ、民族音楽など広大な音楽的背景を持ちながらそれらに拘束されることなく、「音楽とは何か?」という根...

ライブ・コンサートThe Koln Concert

  • (バスケ)

即興のピアニスト、キース・ジャレットの名作アルバム。音楽を聴いて涙が出てきたのは後にも先にもこのアルバムだけだ。こんな演奏が100年に一度でも生まれるのであれば、即興音楽...

携帯でこのページにアクセス

Keith Jarrett - Spirits

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-9667

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ