関心空間はミュージックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

キース・ジャレット

Keith Jarrett

  • Keith Jarrettの画像

単にピアニストという範疇におさまらない活動を続けている。クラシック、ジャズ、民族音楽など広大な音楽的背景を持ちながらそれらに拘束されることなく、「音楽とは何か?」という根源的な問いに挑み続ける。
慢性疲労症候群という難病から復帰した近年は、ジャック・ディジョネット、ゲイリー・ピーコックらとの「Trio Jazz」での活動がメイン。
現代ピアノ芸術の最高峰(って言っていいとおもう)。

近況はここが詳しい。
http://www.bruchez.org/olivier/music/...

Keith Jarrett

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
tomo
詳細情報
  • 年(代): 1945 -
  • 2001/11/18登録
  • 6047クリック

このキーワードを共有する

コメント (5)

2001/11/18

shino.f バイトしてたJazz喫茶が潰れたとき、この人のCDを形見分けしてもらったなぁ。

mic007 ノッてきた時の呻きが味。「ン~」

2001/11/19

bibibi Jazz好きの人には不評なんだけど『My Song』のB面の2曲目「カントリー』はいつ聴いても泣けてきます。ピアノのコピーに励んだけどモノになりませんでした。

2001/11/20

tomo <カントリー>は私もコピーしました~。どの曲もそうなんですが、簡単そうなのに難しいのです。

2002/02/08

Otter 僕もあの呻きにしびれまくってます。

つながりキーワード (49)

結成25周年を迎えたキース・ジャレット・トリオ新作は、2001年モントルー・ジャズ・フェスティヴァルの模様をおさめたライヴ音源。 「最もメロディックに、スインギーに、ダ...

私は日本人の中にたくさんいると思われるキース・ジャレットのフリークの一人です。これはDVDですが、前後して発表されたCD“Radiance”の映像も含む、これまでのキース...

キース・ジャレットは1972年の夏ごろから、完全即興によるソロ・コンサートという画期的な試みを始めました。 その成果として、1973年のローザンヌとプレーメンでのステージ...

チケット取るなんて、ぜってームリ!と思ってたので今までトライしたことなかったんですが、今日友人が「仕事で行けないの」といって1枚譲ってくれたんです・・・久しぶりの棚ボタで...

ニューヨークで活躍中のピアニスト山中千尋によるピアノトリオを初めて聴いた。 彼女にとって二枚目にあたるこのCDは、ドラムスにジェフ・バラード、ベースにラリー・グラナディアが参加。 新鮮な音...

人名・団体名Keith Jarrett

  • (まきこ)

何故か3本ビデオを持ってました。バーモント・ソロがいいと思いましたが、それもちゃんとは見てませんでした。 そして2001年11月。高1から気になっていたThe Korn Concertを購...

LP時代にはミュンヘンでのコンサートと一緒に3枚組で発売されていたもののうち、ブレゲンツでのコンサートのみ収録されたもの。 コンサート全体が隙なく充実しており、これだけ...

1987年来日時の録音の一つ。サントリー・ホールで収録されたこの日のソロ・コンサートは、キースが音楽的な意味での転換点を迎えたことをはっきりと示している。 1970年代...

ウィーンの名ピアニスト ウィーン出身(生まれはチェコ)で第一線で活躍するピアニストは彼ぐらいだけになってしまった。もう70歳超えたかー。知性派ピアニストとか言われている...

キースジャレットのピアノソロ。 ドラムもベースも無く、ピアノのみです。 しかしこれもまた~いいのです。 秋なんかにこんなのかけられてしまった時にはまず泣いているでしょう。...

1979年にNYCのヴィレッジ・ヴァンガードで行われたギグのライヴ録音。 NYCの有名クラブでの録音ということで、キースのアメリカン・カルテットを思い浮かべてしまったが、...

1994年6月3-5日の3日間にNYCのブルー・ノートで行われたライヴの録音。結成されてから10年を経て初心に戻るかのように3日間クラブに入り行われたギグの様子を、恐らく...

キース・ジャレット・トリオの最高傑作との呼び声も高い、1986年ミュンヘンにおけるライヴ。 当時ミュンヘンで行われていた「鍵盤楽器音楽の夏」フェスティヴァルのチクルスの一...

1970年代に発表されたソロ・ピアノ作品群の中でも際立った個性を持っていたアルバム。おそらく、ポール・ブレイのソロ・ピアノのベストぢゃないだろうか?<アローン・アゲイン>...

キースのECM第一弾アルバム。プロデューサーのマンフレート・アイヒャーからは、トリオとソロのどっちがいい?と訪ねられ、ソロにしたという。これは、キースがまだマイルズのバン...

バッハのフラウト・トラヴェルゾのためのソナタ集をいわゆるリコーダーで演奏することの賛否はあるとおもうのですが、この演奏を聴いてしまうと大した問題ではないような気がします。各声部がとても伸びや...

もう一つミカラ・ペトリ&キース・ジャレットによる演奏。ここで聴くことのできる演奏は、バロック音楽の理想的な状態の一つって言ってもいいと思うのです、はい。 彼女らはこのレコーディングのためには...

'80年代末におけるソロ・ピアノ音楽の一つの頂点っていってもいいかな。キースのソロが明らかに変化したことを示している作品のひとつ。これ以降のキースに<ケルン~>みたいなロ...

まだ入手可能ですね。 キースが八ヶ岳で録音したゴールドベルク。グールドのイメージで聴いちゃうとユルく感じられちゃうかも。でも各声部の流れをおいかけるとよけいな気負いが感じ...

キースのバロック・シリーズも佳境です(笑) ここでは、モダン・ピアノでヘンデルの組曲を演奏しています。ブックレットに書いてあるのですが、<ケルン~>の頃から録音したい曲だ...

携帯でこのページにアクセス

Keith Jarrett

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-9685

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ