関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ラクダボン

ラクダ本

  • ラクダ本の画像

Perlの創造者Larry Wallが書いたPerlのバイブル。
表紙にラクダの絵が描いてあるのでラクダ本と呼ばれている。

ラクダ本

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

結城浩画像 投稿者:
結城浩
詳細情報
  • 人名: Larry Wall
  • 発売元: O'reilly
  • 2001/11/18登録
  • 4487クリック

このキーワードを共有する

コメント (7)

最新コメント5件

2001/11/18

結城浩 PHPは便利ですよね。特にDBがそのまま組み込まれているというのが。

結城浩 ありがとうございます(^_^)>tomo

綾瀬 千紗都 主要DBをほとんど抑えていますからね。 Perlに比べると、WEBに特化されているので、初心者がとっつきやすいのも捨てがたい要素です(笑)

結城浩 Perlのうれしいところは、テキストを扱う仕事を実践的にサポートしてくれるところですね。Javaの本を書くためにPerlのスクリプトを作ったりしています(ソースコードを原稿から抽出してコンパイルするなど)。

綾瀬 千紗都 そうですね~あのテキスト処理能力の高さは魅力的ですね。

つながりキーワード (14)

著作権という言葉が,オリジナルに価値があり模倣は許されない,(まねする事は人として恥ずかしい)という文脈で語られることがある。しかし,著作権は,コンテンツを送り出す業者が...

書籍Effective Perl

  • (お〜ぐろ)

「ツボを押さえた60項目の提案によって、 より高度なテクニックとよりエレガントな プログラミング技法を身につけたいプログラマに最適!」 Perlでプログラムを書く上での...

オライリーからでている csh と tcsh に関しての入門本。 ……でも、関心空間では関心がかなり低い書籍かも。 対話的にシェルを利用することに説明の重点が置かれて...

コンピュータ関連の本というと、まず思い浮かぶのはオライリーの本です。 内容はどの本も一定の水準はクリアしていると思うので、安心して買えます。 内容とは関係ないですが、装...

オライリーといえば、バッタ本とかコウモリ本とか動物名で呼ばれるくらい「動物の表紙」が有名ですが、これのGoodsが存在してたんですね、知りませんでした。 先日、Inte...

書籍を購入するときに、まっさきにo'reillyのコーナーに向かってしまうのはナゼダロウ? 基本的に最初から最後まで通して読まないといけない形式になっていて「ちょっと調べ...

Perl解説本の新刊。 じゃなくて、表紙が作れるサイトです。

 Unixのツールを使って、ちょっとしたスクリプトをコマンドラインの一行で書いてしまうこと。簡単な割に結構使いでがあったり、パワフルな事ができてしまったりで、こういう呼び方が定着したのかな?...

ブック善知の天楼

  • (ДД-JaJa)

動物 (a) 皇帝に帰属するもの、 (b) 剥製にされたもの、 (c) 飼い慣らされたもの、 (d) 幼豚、 (e) 人魚、 (f) 架空のもの、 (g) 野良犬、 (h) この分類に含まれ...

ソフトPerl

  • (ながせ あきひろ)

癖は強いが慣れるとテキスト処理の強い味方。今日もCPANとperldocを従えてれっつごー。

コンピュータPHP

  • (Nao-t)

Webに特化したスクリプトで、DBとの連携に優れている代物。 当初、「Perlよりは優しそう」という安易な気持ちで知人たちと始めてみたが、これがなかなかハマってしまった。...

表紙の色の違いから、初版の『Perlプログラミング』をこのように呼ぶことがあります。これに対して第2版は「青ラクダ本」と呼ばれます。 Unixに触れて間もなかった頃、こ...

厚さ5ミリしかない文法のリファレンス。 この本があれば、細かい文法を覚えなくて済む。 アマチュアPerlプログラマの私は、これがないとPerlが書けない・・・(笑) 内容...

コンピュータPerl

  • (こうへい)

実験サイトをつくるために、少しかじってみた。なんでPerlはラクダがキャラクターなんだろうか?

携帯でこのページにアクセス

ラクダ本

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-9718

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ