関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ジーダイアリー

G-Diary

  • G-Diaryの画像

バンコクで編集されている東南アジア専門旅行雑誌(月刊)。
特徴はなんといっても、「月刊・旅」から「旅行人」に至るまで、日本の旅行雑誌では慎重に避けられている現地の風俗情報。バンコクのマッサージパーラーはもちろん、毎号毎号アジアのあちこちを訪ねては夜遊びルポを掲載。バンコク市街の風俗店を網羅した「バンコク最強マップ」も毎月更新されている。
とはいっても、記事の内容はそんなにえげつなくない(『週刊ポスト』や『週刊現代』のほうがよっぽど下品)。最近は風俗以外の記事も充実し、女性読者向けのページも増やすなど、いい意味でも「アジアの総合日本語情報誌」に育ちつつある。
もっとも、グラビアから広告まで目立つページはみんなオネエちゃんの微笑む姿ばっかりなので、「駐在員の妻の敵」という異名もあるとかないとか(笑)。

G-Diary

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
eno
詳細情報
  • メーカー: クエストメディア
  • ぷれすアルファ
  • 発売元: キョーハンブックス
  • 地域: タイ・日本etc.
  • 価格: 680円
  • 2001/11/18更新
  • 2001/11/18登録
  • 10870クリック

このキーワードを共有する

コメント (0)

まだコメントされていません。

つながりキーワード (5)

東京のいわゆる下町、谷中・根津・千駄木エリアを中心とした生活・地域情報を扱うタウン誌。エリア内の書店をはじめ、いろんな商店に置いてある。地域住民ならたいてい知っている、地...

 タイ国一番、いやアジアで一番の英語新聞。もう、ページ数といい内容といい、日本や香港の英字新聞を圧倒しています。(いや、でもあんまり香港の事は良く知らないのですが、、、前行った時にいい英字新...

雑誌DACO

  • (eno)

バンコクで編集・発行されている日本語雑誌。 日本のタウン誌と比べても遜色ない企画と品質で、これまでの「海外の日本語情報誌」のイメージを改めさせるまっとうな出来。バンコクの...

 90年代のはじめまであった東京の情報誌、というかタウン誌。一時は『ぴあ』と張り合うほど売れてたけど、最後のほうはマニアックになりすぎたせいか部数低迷、あえなく廃刊の憂き目に。いまや一部で「...

ノンカテゴリーインドネシア

  • (永遠の旅人)

一応・・・修論のテーマがこの国。もろに政治経済なんだけど。 実は行ったことないです。 バリ島旅行にも行きたいけど、金と時間がないです。 ナシゴレンは辛くなくて美味しいのでグッド。 他にも色々...

携帯でこのページにアクセス

G-Diary

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-9727

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ