関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ホワイト・ティース

  • ホワイト・ティースの画像

3組の移民の家族を通して、文化が複雑に絡まりあった社会を生きていこうとする人々を描いた小説。登場するのは過激なイスラム原理主義者・過激な動物愛護主義者・過激な遺伝子工学者・熱狂的なエホバの証人信者等々。

いまこの世界情勢でぜひ読まれてほしい物語だと思います。ていうか理屈抜きに面白いし。

ホワイト・ティース

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
koseki
詳細情報
  • 人名: ゼイディー・スミス
  • 原題: WHITE TEETH
  • 2001/11/18更新
  • 2001/11/18登録
  • 2202クリック

このキーワードを共有する

コメント (0)

まだコメントされていません。

つながりキーワード (4)

同い年の人が何をしているのか気になる。:-) * cooleyさん: http://www.kanshin.com/index.php3?... * ぬれもちさん: http://...

第一章、箱舟に密航したある種の虫が語る神話の内幕。 第二章、人質を選別するテロリストと、対峙する世界史教授の物語。 第三章、昆虫を訴えた宗教裁判の記録。 第四章、世界の終...

米医師が書いた本。遺伝子操作による近未来の人類創造の歴史。前にNHKスペシャルでもちらっと紹介されていたのですが、日本語版が出版されたら改めて読んでみたいと思います。

前から気になっていたキーワード。ジェノバ・サミットで「反グローバリズム」を旗印とした大規模なデモがあって、若者が一人死んだ、というニュースを聞いたのだけど、日本のメディアは、その「反グローバ...

携帯でこのページにアクセス

ホワイト・ティース

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-9806

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ