関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

もとひでやすれこすけくん

本秀康「レコスケくん」

 ミュージック・マガジンやレコード・コレクターズで連載されていた本秀康の傑作レコ・マンガがようやく単行本に。ジョージ・ハリソンへの愛に溢れた感動の一冊。本秀康は青林工藝舎からも二冊でてる。絵柄はヘナチョコだけどマンガとしては本格派。とくに人情話を描かせたらこんなにうまい人はちょっといない。
 余談だけど、昔の友人で「山本秀康」くんというのがいて、ぼくはずっと本秀康は山本君のペンネームだと勝手に信じていた。でも単行本で著者の写真をみたら全くの別人だった。

本秀康「レコスケくん」

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

solar画像 投稿者:
solar
詳細情報
  • 発売元: ミュージック・マガジン
  • 価格: 1000円
  • 2001/11/19登録
  • 5192クリック

このキーワードを共有する

コメント (5)

2001/11/22

solar だれもコメントくれないので自己レス。「ミュージックマガジン」最新号によると、ジョージ・ハリソンは現在危篤状態みたい。レコスケならずとも心配なり。

2001/11/30

solar 2001年11月30日、ジョージ・ハリソン逝去。58哉。南無。

2002/05/10

Y.YAMANAKA ジョージ・ハリソンのエピソードは本当に優しさに溢れていましたね。今となっては涙無くしては読めませぬ。

2003/01/03

digm 以前お会いして、サインを頂いたことがあります。思ったより若者っぽいのが意外でしたが、マンガのイメージのままの優しそうな方でした…。

2003/07/09

pindot ジョージを1枚も持ってないけどレコスケくん大好きです。他の本も好き。

つながりキーワード (11)

むかし友人宅で聴いてとても気に入り、自分も購入したアルバム。やさしくてけだるい声、穏やかなんだけどゴスペル的なコーラスも入ったりして暖かいアレンジ、そして内省的でなんだか...

インテリア特集や雑誌でタンテをこれ見よがしに置かないで下さい。ファッションで買うな!くれ! *↓縮小版。それでもでかくてごめんなさい。リアルレコ助君がこんなに! レコ...

 もし無人島にたった1枚だけレコードを持っていくのなら、あなたは何を選ぶのか?そんな(音楽好きには想像するだけで)怖ろしい質問に対する答えを集めた本。レコードコレクターズ...

漫画家、イラストレーター。 ガロ出身のようです。 以前から見たことある絵だとは思っていたのですが スピッツのジャケットやツアーグッズを通して 最近気になるようになりました...

人名・団体名本秀康

  • (ハナオトコ)

独特の画風が魅力の漫画家兼イラストレーター。 レコードの買い方を漫画にした「レコスケくん」やNumber他の雑誌で活躍。 少し前にSONYからでたレコスケフィギュアはかな...

人名・団体名100%ORANGE

  • (馬六甲)

カワイイとかオサレとかそんなことよりも、好き放題やりたい放題な言語感覚。“声に出して読む”ならこういうのがいい。

これが初の単行本だなんて! アックス新人賞作品だった「エンリケ小林のエルドラド」から始まる11のストーリーは、作者の身の回りで起こるちょっと変わった話から、歴史上の語ら...

唯一の来日公演を観れたのは本当に幸運だったと思う今日この頃。未だに発表されない噂の新作を待ちながら、このアルバムに耳を傾けているのであった。ビートルズを好きになればなるほ...

   藤子・F・不二雄作「21エモン」でデビューしたイモ掘りロボット。労働ロボットとして工場で生まれたが,電子頭脳の具合が悪くて使いものにならず,山奥でイモ掘り専門ロボッ...

ノンカテゴリーMy名著

  • (solar)

 キーワードを「My名著」に変更。コンセプトは同じで、「すでにほかの人が挙げている本や雑誌で、ぼく自身も大好きなものをリンクしてみた」もの。でも、好き、というだけじゃなくて、他の人にも読んで...

   花輪和一の獄中実録漫画。…あ,知らないヒトのために教科書的な解説をすると,花輪和一というのは70年代初め頃から「ガロ」で活躍 (というにはあまりに寡作だが) してい...

携帯でこのページにアクセス

本秀康「レコスケくん」

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-9993

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ